磯良神社  いそらじんじゃ  大阪府茨木市

大阪府茨木市三島丘1丁目4-29にある磯良神社へ。
数台止められる駐車場があります。

DSC07933.jpg
DSC04198.jpg

場所の略図はこんなかんじ。

DSC07902.jpgDSC0790gg2.jpg
DSC07892.jpgDSC07895.jpg

通称疣水神社(いぼみずじんじゃ)とも言うそうです。

DSC07915.jpg

DSC07893.jpg

「霊泉・玉の井」。
「疣水」はここから15mほど先の疣水拝受所に
ポンプで送られているようです。

DSC07897.jpgDSC09417.jpg

疣水拝受所。
疣はもちろんのこと、諸病平癒に霊験あらたかな
御神水として知られていて、この「玉の井」の水を汲んで
神前に供える人が絶えないんだとか。

私がお参りしたときも汲んでる人が。

この水は(由緒書きによると)
長いので興味のある方は読んでね

神功皇后(じんぐうこうごう)が戦に行く時
自分が女であることから、このままの姿では
敵に嘗(な)められるので、男装をし、
顔をいかめしくするため疣(いぼ)を身に
つけようと思い、通りかかったこの神社に立ち寄り
祈願して社の前から湧き出ている清水で顔を洗いました。

すると、美しかった顔がたちまち大きな疣だらけの
黒い顔となりました。戦いが終り、磯良(いそら)神社に
戦勝の報告をしたあと、再び社前の清水で顔を洗うと
いままでの醜い顔が消え去り、もとの美しい姿に
戻ったので喜び勇んで大和の王城に帰りました。

後に磯良神社は、疣水神社と呼ばれ
遠くからもこの清水をくみ取りに来る人が
見られるようになりました。


ってことです。

DSC07913.jpg

境内末社 桜姫稲荷神社。
御祭神 宇賀御魂神。うがのみたまのかみ

DSC07906.jpg

境内末社 住吉神社。
御祭神  
底筒男命 そこつつのをのみこと
中筒男命表筒男命 なかつつのをのみこと
神功皇后 じんぐうこうごう
息長足姫命 おきながたらしひめのみこと

DSC07905.jpg
DSC07910.jpgDSC07910m.jpg

新屋坐天照御魂神社(にいやにますあまてるみたまじんじゃ)の
境内社だったそうです。

由緒書きによると
長いので興味のある方は読んでね。

当神社の御祭神・磯良大神は
九州安曇氏の祖神として知られ
また住吉三神とともに神功皇后三韓への
御征途に際し、 水先案内をされて
航海の安全に功があったと伝えられます。

当神社がどのような経過をたどって
この地に奉祀されたかについては
詳しい資料は残っておりませんが
言い伝えによると、

当神社はもともと式内社・新屋坐天照御魂神社
(天照御魂神社)の境内社であったが、
寛文九年(一六六九)天照御魂神社が現在の地に
御遷座されてより相離れて今日に至っている
とのことです。

なお、現在の御社殿は昭和五十四年の造営に
なるものです


ってことです。

DSC07903.jpg

DSC09432.jpg

DSC04197.jpg

ご朱印です。




ご訪問ありがとうございました。





コメントの投稿

非公開コメント

女性に嘗められないように、カッコいい顔にしてもらいたいです(笑)

Re: タイトルなし

コナンさん

アハハ!今度、大阪に来たらぜひ。ご利益あるかも。(笑)

トラックバック

http://19630606.blog.fc2.com/tb.php/699-1b89f83c

プロフィール

探偵モンク

Author:探偵モンク
個人的な日々の出来事を気ままに
記録してます。
写真は娘が幼稚園時代に工作した
パパです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク