二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

シーパラダイスから歩いて10分くらいで
二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)にいけます。

DSC05761.jpg

見えてるのはシーパラダイスです。

DSC05744.jpgDSC05746_201412190929110dc.jpg
DSC05748.jpgDSC05752.jpg
DSC05754.jpgDSC05759.jpg

境内社として綿津見大神を祀る龍宮社です。
1792年、大津波で民家の大半が流出。
無難の家は僅か5、6件という災害が発生したため
再び水難に遭遇せぬよう五十鈴川江の河口に龍神を勧請した。
現在の龍神社五十鈴川河口の埋立や護岸工事のため
昭和13年ここの境内に遷され竜宮社と称した。とか。

DSC05767.jpg
DSC05769.jpg

二見興玉神社と蛙についての由来にはいくつかの説があるとか。
御祭神の猿田彦大神は、天孫降臨(てんそんこうりん)の際に
道案内をしたことから、交通安全の守護神とされてきたそうです。
その時に大神の使いの役目をしたのが蛙だったことから
二見の蛙には、出先から無事に帰る、貸したものが返る
若返るなどの御利益があるんだそうです。

皇大神(こうたいじん)が二見の浦に
金色の霊蛇姿(れいじゃすがた)で現われたことから
蛙をお供えすることになったという説もあるんだって。

航海者たちの興玉神石《おきたましんせき》への信仰から
旅行や航海の安全を願って奉納が始まったとも言われてます。

昔は生きた蛙を奉納していたんだって!
私、カエル触れないのでむり~
そりゃ~置物の蛙に変わるでしょ。

DSC05780.jpg

神社の社殿が建てられたのは明治以降だそうです。

DSC05785.jpg
DSC05806.jpg
DSC05807.jpg

夫婦岩(めおといわ)は日の大神(天照大神)と
御神体である興玉神石(おきたましんせき)を拝むための
鳥居の役目を果たしているんだとか。
男岩は立石、女岩は根尻岩と呼ばれていたが
いつの頃からか、夫婦岩と呼ばれるようになったんだって。

DSC05790.jpg

満願蛙、水をかけると願いがかなうんだとか。
水の中の蛙ですよ。

DSC05798.jpg

稲を司ると言われる宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)を
祀った三宮神社の遺跡だとか。
全国にある天の岩屋と称される場所の、ここもそのひとつで、
天照大神が隠れられた処(日の入処)のひとつなんだって。

DSC05800.jpg

ちょっとした洞窟?になってるみたいです。

DSC05812.jpg
DSC05814.jpg

夫婦岩に張られてる縄は650年前には
もう張られていたそうです。

DSC05822.jpg

契りの松。江戸時代末期お陰参り、抜け参りと伊勢参詣が
最も賑わった頃、阿波国(徳島県)より若い男女が
この二見浦の浜で身を海水に浴み塩垢離(みそぎ)をし
着物を松の木にかけて結び 夫婦の契りと子孫繁栄を
祈願したところから 「ちぎりの松」 と呼ばれている。
昭和28年9月25日台風13号により流失したままであったが
平成3年5月23日ここにおよそ40年ぶりに
昔ながらに再現したんだそうです。

私、今、流行のご朱印集めを
やりだしたんですが、この頃は
まだ興味がなくてもらってません。

なので、いつかまたお参りに行くと思います。


DSC06295.jpg
DSC01560.jpg

お嬢さんがおみくじひいたらかえるがついてきました。

いつもご訪問ありがとうございます。





コメントの投稿

非公開コメント

結構前から夫婦岩見に行きたいなぁと思ってます。

Re: タイトルなし

コナンさん

伊勢神宮とセットでお参りするのがいいとか。

トラックバック

http://19630606.blog.fc2.com/tb.php/618-135de49e

プロフィール

探偵モンク

Author:探偵モンク
個人的な日々の出来事を気ままに
記録してます。
写真は娘が幼稚園時代に工作した
パパです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク