コーヒーの皿

コーヒーカップってどうして皿に
のってでてくるかなんていう話を
テレビでやってました。

dri-d.jpg

なんでも熱いコーヒーや紅茶を冷ますため、受け皿に
こぼして飲むと いう習慣から生まれたんだとか。

17世紀初め、中国から ヨーロッパに、お茶の習慣が
伝わった当初は、受け皿はなかったそうです。

カップも取っ手のない小ぶりのものでお茶と同様
茶器も中国から伝わったので、17世紀半ばには
来客向けなど丁寧な飲み方をするときに、茶托
(ちゃたく)を添えるように受け皿が
付くようになったんだとか。

当時の正式なお茶の飲み方は、熱い茶を深い
受け皿に移し冷まして飲むことがマナーだったそうで
スープ皿のように、深きものだったようです。

お茶やコーヒーを飲む習慣が進み、
カップも大きめになったり、取っ手が
ついたりしましたが、18世紀の中頃までは
皿に移して飲む習慣は続いたそうで
それが今日そのまま形として残ってる
ってことだそうです。

なんで皿にのってるの?
なんて疑問に思ったことなかったですが
そういうことらしいですよ。

ご訪問ありがとうございました。
☆^ヽ(*^-゚)vThank you♪v(゚∇^*)/^☆


コメントの投稿

非公開コメント

熱いコーヒーや紅茶を冷ますため

>なんでも熱いコーヒーや紅茶を冷ますため、受け皿に
こぼして飲むと いう習慣から生まれたんだとか。

〇なるほど、そうでしたか。
 そういえば、外国旅行のとき、さらにこぼしてお茶を飲んでいる風景を見たことがあります。風情はありませんでしたね(笑)。

Re: 熱いコーヒーや紅茶を冷ますため

ささげくん

そんなことらしいです。v-410

トラックバック

http://19630606.blog.fc2.com/tb.php/1454-7f597c8a

プロフィール

探偵モンク

Author:探偵モンク
個人的な日々の出来事を気ままに
記録してます。
写真は娘が幼稚園時代に工作した
パパです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク