法華山一乗寺 西国第二十六番札所

去年の話なんですが兵庫県の加西市へ。
この頃は御朱印あつめに燃えていたので。
最近はちょっとペース落ちてますが。

DSC08932.jpg

山道を走ってやってきたのは一乗寺。
私のナビはいまいち信用できないのでたどり着くまで
少し不安でしたがなんとか到着しました。

DSC08934.jpg

一乗寺の開基とされる法道仙人は、天竺(インド)から紫の雲に乗って
飛来したとされる伝説的人物で、『元亨釈書』等の記述によれば、
法道はインドに住んでいたが、紫の雲に乗って中国、百済を経て日本へ飛来
播州賀茂郡(兵庫県加西市)に八葉蓮華(8枚の花弁をもつハスの花)の
形をした霊山を見出したので、そこへ降り立ち、法華経の霊山という意味で
「法華山」と号したという。法道は神通力で鉢を飛ばし
米などの供物を得ていたため、「空鉢仙人」と呼ばれていた。
法道の評判は都へも広まり、白雉元年(650年)、時の帝である孝徳天皇の
勅命により法道に建てさせたのが一乗寺なんだそうです。

DSC08937.jpg

一乗寺には7世紀~8世紀にさかのぼる金銅仏6躯が存在し
(うち3躯は重要文化財)、付近には奈良時代にさかのぼる廃寺跡
石仏などが存在することからも、この地域一帯が早くから仏教文化の
栄えた地であることは確かみたい。

DSC08971.jpg

本堂、。重要文化財です。

DSC08960.jpg

寛永5年(1628年)、姫路藩主本多忠政の援助で再建されたそうです。

DSC08939.jpgDSC08951.jpg
DSC08966.jpg

三重塔(国宝) - 伏鉢(屋根上、相輪の下部にある半球状の部材)の銘から
承安元年(1171年)の建立と判明する。平安時代にさかのぼり
建立年代の明らかな塔として日本でも稀有のものである。
塔身部の逓減率(初重から三重に向かって小さくなる率)の
大きいことが特色なんだとか。

DSC08944.jpg
DSC08952.jpg

一乗寺(いちじょうじ)は、天台宗の寺院。西国三十三所第26番。
山号は法華山、本尊は聖観音菩薩。
住所は兵庫県加西市坂本町821-17。

raka1zzzzzzzzzzz.png

113枚目。

DSC03194_20160526220754c67.jpg

御訪問ありがとうございました。








コメントの投稿

非公開コメント

おはよう

今回も回って集めるのお疲れ様でした(^。^)

Re: おはよう

よしお さん

去年はけっこう熱心に回ってたのですが
最近はちょっとペースが。v-410

トラックバック

http://19630606.blog.fc2.com/tb.php/1159-de3b8a71

プロフィール

探偵モンク

Author:探偵モンク
個人的な日々の出来事を気ままに
記録してます。
写真は娘が幼稚園時代に工作した
パパです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク