神服神社 しんぷくじんじゃ 高槻市 

友人のタカと高槻の御朱印集めに。
去年の話ですが...。

神服神社(かむはとりじんじゃ)に。
現在は、”しんぷくじんじゃ”と呼ばれてます。

DSC07345.jpg

高槻市の広報には摂津峡につらなる帯仕山(おびしやま)のすそ野にある
服部盆地の最奥に鎮座しています。この帯仕山の山すそから山頂にかけての
塚脇地区一帯には、約50基もの古墳が群集する塚脇古墳群(古墳時代)が、
また、神社の南側には、大蔵司遺跡(弥生時代~鎌倉時代)がひろがり、
このあたり一帯は古くから人々が生活を営んできた地域でもありました。
また、江戸時代には、神社の近くを通る道は神峯山寺へと参るために
利用されており、神服神社へ立ち寄る人も多かったのではないでしょうか。
なんて書いてありました。

DSC07346.jpg

神服神社は、927年に編纂された『延喜式』に記載されている律令時代の
神社で、ヒノハヤヒノミコト、マラノスクネ、スサノオノミコトが
祀られています。
この地は、奈良時代、摂津国島上郡服部郷にあたり
服部連(はっとりのむらじ)の本拠地であったとされています。

DSC07331.jpg

第19代允恭天皇(いんぎょうてんのう)の時代(5世紀前半)に
機織りの織部が各地に多数設置されることとなり、朝廷は管理者をおきました。
管理者はやがて「服部(はとりべ)」と呼ばれ、諸国の織部の総領として
「服部連」の姓を賜りました。この神服神社のある地域一帯を服部というのは
織部がこの地に設置されたことによります。
ってことです。

DSC07338.jpg

服部連は祖先を勧請し、「服部神」と称していましたが
延喜年間に「神服神社」と改称しました。明治時代には
宮之川原の春日神社や稲荷神社、塚脇の上宮神社、浦堂の若宮神社
大蔵司の神明神社を合祀し、現在に至っています。

DSC07336.jpg

105枚目。
DSC02601_20160430051224b8d.jpg


住所は大阪府高槻市宮之川原元町2-25
staticっっっっっっっっっっっっz
mapxxxxxx.jpg


ご訪問ありがとうございました。








コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

今回も御朱印集めお疲れ様です。

Re: こんにちは

よしお さん

ほんといつ終わる事やら。v-410

トラックバック

http://19630606.blog.fc2.com/tb.php/1126-ada3e7f9

プロフィール

探偵モンク

Author:探偵モンク
個人的な日々の出来事を気ままに
記録してます。
写真は娘が幼稚園時代に工作した
パパです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク