鷲羽山ハイランド

去年の5月に鷲羽山ハイランドへ。
今年は遠くにおでかけしてません。

DSC07737.jpg

GWにどこ行きたいって聞いたらここにってお嬢さんがいうのでね。
小学校の修学旅行で一度いってるのですがまた行きたいってことで。

a_201604101426033e1.gif

住所は岡山県倉敷市下津井吹上303-1。
大阪からだと車で3時間ぐらいかな。
大人フリーパスは2800円。
アトラクションの内容からすれば微妙な値段ですが
遊園地もけっこういまどきはいいお値段とられるので
妥当なところでしょうか。
60歳以上は500円なんでそのあたりはお孫さんを
つれてくるとかっていうお年寄りには優しい値段設定です。

DSC07748.jpg

鷲羽山の上にあるので瀬戸大橋が望めます。
この日は天気がいまいちでしたが。

DSC07768.jpgDSC07755.jpg

スカイサイクル。
地上高16m(4階建てビル)の上空で自転車をこぐ。
世界一のスリルと展望が楽しめます。ってことですが
この自転車大丈夫なの?みたいな意味でスリル満点かも。

DSC07816.jpgDSC07798.jpg

観覧車。晴れていたら絶景がたのしめます。
バンジージャンプのアトラクションがありました。
けっこう怖いと思うのですがチャレンジしてる子がいました。

DSC07819.jpg

一通りのアトラクションがそろってるので空いていると
効率よく遊べます。そういう意味では遊園地としては
おすすめかも。高校生くらいになると物足りなくなるのかもしれませんが
遊園地がなくなっていく昨今、がんばって続けてほしいです。

DSC07838.jpgDSC07832.jpg

ザリガニつり500円。私が小学生の頃は近所の池に
くさるほどいたのにね~。バケツにわんさか捕れましたよ。
いまは500円だして釣る時代です。まわりで簡単に
みかけなくなりましたものね。

DSC07862_20160409120844b94.jpg

ブラジリアンパークってうたっているので
サンバショーをやってます。日本人ってノリがわるいので
少しさみしいものがありますが。

DSC07876.jpg

今回は家族と別行動で私だけ御朱印なんていうわけには
いかなかったので、一通り遊んだら岡山で一番大きいイオンへ。
で、夕飯は上海常という中華料理のお店へ。

DSC07874.jpgDSC07872.jpg
DSC07870.jpgDSC07868.jpg

たっぷり葱と焼豚麺650円。油淋鳥炒飯630円
海鮮あんかけ揚げそば650円。羽付餃子280円。評価は普通。

以上、鷲羽山ハイランドへいってきましたってことで。(去年)(^-^)/

ご訪問ありがとうございました。











阿智神社 倉敷

いつも通りいつの話や~ですが。(^-^)/
2013年のハワイ旅行記も終わってね~ぇ。(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)

ハワイでも御朱印もらってきましたがそれはたぶん
来年くらいに。(^∇^)

個人的な御朱印記録なんで適当にスルー
してくださいね。

去年の4月に山口へ墓参り。
で、帰りに広島、岡山とよって帰ってきました。
奥さんたちは駅前のアウトレットへ。
私はこの頃は御朱印あつめに燃えていたので別行動。

DSC05892.jpg

で、やってきたのは阿智神社です。

74.jpg

阿智神社の境内にある岡山県天然記念物「阿知の藤」は
アケボノフジという珍種です。
根回り約1.5m、根元周囲約2.2mで
同種の藤としては全国一の巨樹とされています。

DSC05862.jpg

由緒は応神朝に朝鮮半島より渡ってきた漢の霊帝の曾孫
阿知使主(あちのおみ)一族。

DSC05864.jpg
彼等は「製鉄」「機織」「土木」等の
先進文化を担う技術集団として、吉備国の繁栄の礎を築き
当時、島(内亀島)であったこの鶴形山に神々の
天降られる斎庭として日本最古の蓬莱様式の
古代庭園を造ったと伝えられている。

DSC05867.jpg

白壁の蔵の町、倉敷美観地区の一角にある鶴形山の頂上に
鎮座する当社は、この阿知使主一族の大いなる功績を称え、
明治時代に現社名になったそうです。

DSC05868.jpg

社伝によると神功皇后がこの付近を航行の折
嵐に遭い祈願されたところ、三振の剣が天空より明るく輝いて
この山に天下ったため、「明剣宮」として、宗像三女神を
お祀りしたとされている。

DSC05872.jpg

中世、神道が仏教と習合し、明治までは「妙見宮」と称され
旧倉敷総鎮守の宮として近郷近在の人々の尊崇を集めてきた。
祭神の宗像三女神は皇祖神、天照大御神と素盞鳴尊の娘神で
海の守護神であり、交通交易、財宝、芸術、美の神でもある。

DSC05886.jpg

その他、応神天皇を始め、約三十柱の神々をお祀りしている。
また山には神々をお祀りする磐坐(いわくら)が点在し
古代から神の島として崇められてきたと思われる。

DSC05891.jpg

天気がよければ倉敷の町並みが。

DSC06812.jpg

97枚目。

あち

住所は岡山県倉敷市本町12-1。

ご訪問ありがとうございました。






倉敷 観龍寺

山口県へお墓参りに行ったあとに倉敷へ。
家族は駅前でショッピング。
私はせっかくなのでってことで御朱印あつめに。
まだこのころは御朱印あつめに燃えていたので。

DSC05840.jpg

観龍寺(かんりゅうじ)へ。

DSC05841.jpg

寛和元年(985年)尭勢津師により現在の倉敷市西岡に
慈照院(西安寺)の塔頭として開創。
当時は北斗山宝積院と称していたそうです。

DSC05842.jpg

室町時代に鶴形山の麓、現在の駐車場の場所に移転し
寛永元年(1624年)現在の地に再移転し、
同年に宝寿山観龍寺と改称された。

DSC05860.jpg

江戸時代中期の1740年代に2度にわたり伽藍が焼失
本堂は寛延2年(1749年)に再建以降時代に整備し
現在に至るんだとか。

DSC05856.jpg

真言宗御室派のお寺です。総本山は仁和寺だそうです。

DSC05855_201601291249488d0.jpg

山号は宝寿山。

DSC05853.jpg

備中西国第29番霊場、倉敷八十八カ所霊場の札所。
さすがにコンプリートする気はないですが。

DSC05849.jpg

雨のため桜は散ってしまってました。

DSC05851.jpg

お寺から見る倉敷の町並み。

DSC05850_20160129124926701.jpg

96枚目。

DSC06533.jpg

住所は岡山県倉敷市阿知2丁目25-22

かんりゅう

ご訪問ありがとうございました。





倉敷美観地区に

去年の4月に山口県へ墓参りに。
で、帰りに岡山の倉敷に。天気はいまひとつでした。

DSC05834_20160124174306eeb.jpg

JR倉敷駅前。アリオ倉敷。昔、チボリ公園だったところです。

DSC05835.jpg

倉敷美観地区側より倉敷駅を。

DSC05893.jpg

私だけ美観地区をぶらぶら。家族はアリオをぶらぶら。
美観地区の写真です。

DSC05896.jpg

江戸時代初期の寛永19年(1642年)、江戸幕府の天領に
定められた際に倉敷代官所が当地区に設けられ
以来備中国南部の物資の集散地として発展した歴史を持つ。

DSC05898.jpg

倉敷川の畔から鶴形山南側の街道一帯に白壁なまこ壁の
屋敷や蔵が並び天領時代の町並みをよく残している。

DSC05899.jpg

1969年に倉敷市の条例に基づき美観地区に定められ
1979年(昭和54年)に県内2件目の
重要伝統的建造物群保存地区として選定された。

DSC05905.jpg
DSC05903.jpg
DSC05908.jpg

美観地区、なかなか風情があるので
ゆっくりみたかったのですが今回は時間があまり。

ご訪問ありがとうございました。







米子自動車道 蒜山高原SAで売っていたお土産

蒜山高原SAで売っていたお土産ですってことで。

1.jpg

去年の11月の終わりに鳥取島根へ。
で、立ち寄ったサービスエリアです。

DSC01082.jpg

焼がに風味茶漬
紅ズワイガニの上品な甘みに香ばしさを加えた
焼がに風味の美味しいお茶漬けです。

かにふりかけ
山陰で水揚げされたカニの身を使用した
本格的な味。


DSC01083.jpg

焼きかにせんべい
カニの一番おいしい食べ方とされる『焼きがに』の
味のおせんべいです。ほんのりカニ色をしたせんべいで
サクサク感がやみつきになります。カニの風味が口の中で広がり
甘いものが苦手な方にも好評で、ビール、お酒のお供に最適です。


DSC01084.jpg

蒜山ミルクカスタードサブレ
サブレにホワイトチョコチップが入っており
子供から大人の方まで好まれる商品です


DSC01085.jpg

キャラメルオムレット。
説明書きがなかったので。

DSC01086.jpg

うさぎのクリーム大福いちご
ふんわりとした食感のホイップクリームと
イチゴの餡が中に入った、やわらかい洋風の大福です。


DSC01088.jpg

ちょっとボケてますが
蒜山ポルボローネ
スペイン発祥の焼き菓子で、古くから祝い菓子としても
食べられてきました。きめ細かな粉をぎゅっと固め
口に入れるとホロっと溶け出す新食感のお菓子です。


いつものように買ってません。
こんなの売ってましたって事で。

ご訪問ありがとうございました。






プロフィール

探偵モンク

Author:探偵モンク
個人的な日々の出来事を気ままに
記録してます。
写真は娘が幼稚園時代に工作した
パパです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク