佐太神社 さだじんじゃ 出雲国二ノ宮  神在の社(かみありのやしろ)

去年の11月の終わりに島根へ。
奥さんとお嬢さんはもう帰ろうモード。
たしかに大阪まで帰るとなると5時間くらいはかかりますからね。

でもせっかくきたんだから帰り道だしってことで。
もう一軒行こうか
飲み屋か!
なんて会話をしながらなんとかもう一軒  つきあってもらいました。

DSC01074.jpg

佐太神社 さだじんじゃです。
住所は島根県松江市鹿島町佐陀宮内73
個人的な記録なんで適当にスルーしてくださいね。

DSC01053.jpg

正殿の主祭神である佐太御子大神は『出雲国風土記』に登場する
佐太大神と考えられる。佐太大神は神魂命の子の
枳佐加比売命きさかひめのみことを母とし
加賀の潜戸で生まれた。神名の「サダ」の意味には
「狭田、すなわち狭く細長い水田」という説と「岬」という説とがある。

んだとか。

DSC01054.jpg


康元元年(1256年)の『社領注進状』(出雲大社所蔵)によれば280丁と
杵築大社(現:出雲大社)に匹敵するほどの社領を有していたという。

DSC01049.jpg

ここも改修工事中でした。

DSC0105bb1.jpg

由緒です。

DSC01055.jpg
Sa.jpg

工事してなかったらこういうかんじ。

DSC01064.jpg

宝永3年(1706年)の『佐陀大社勘文』によれば
島根郡と秋鹿郡に7000石の社領と224人の神人を有していたが
太閤検地によって大幅に減じられ、堀尾吉晴の時代になって
200石まで回復したという。江戸時代に入ると杵築大社とともに
出雲国内の神社を管轄しそれらを支配する「触下制度」を確立した。
佐陀大社の管轄は島根郡、秋鹿郡、意宇郡の
西半分と楯縫郡の神社であった
。とか。

DSC01056.jpg
DSC01061.jpg

南殿は通常の大社造りとはまったくの逆の構造で
めずらしいらしいです。
私はよくわかりませんが。

DSC01069.jpg

社務所です。

DSC01070.jpg

八百 万の神々がお集まりになる「神在の社」かみありのやしろ。

DSC00023.jpg

29枚目ゲットだぜぇ!



2.jpg








日御碕神社(ひのみさきじんじゃ) 島根県

去年の11月の終わりに島根へ。
なんちゃって御朱印コレクターの私は
寺社めぐりをしたいのだけれど、家族はそうでなくて。
なんとか説得してついてきてもらいました。

DSC00975.jpg

石積み灯台としては日本一の高さと言われている灯台があるのですが
家族はもう帰ろうモードで断念しました。

DSC00978.jpg

冬の日本海。この日はおだやか。
夏はいいかんじの写真撮れるでしょうね。

DSC00981.jpg

日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)に到着。

DSC00982_20150606214839b4d.jpg

住所は島根県出雲市大社町日御碕455。
個人的な記録もかねてるので以下は適当に
スルーしてくださいね。

DSC00991_20150606214840814.jpg

改修工事中でした。

日御碕神社

こんなかんじだそうです。

DSC00993.jpg

由緒です。手抜き。

DSC00996bb.jpg
DSC0098ss9.jpg

主祭神は天照大御神  あまてらすおおみかみ 
神素盞嗚尊 かむすさのうのみこと

DSC00998.jpg

下の宮「日沈宮(ひしずみのみや)」
天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。

DSC01022.jpg

斜めから。

DSC01002.jpg

上の宮「神の宮」

DSC01001_2015060621244237a.jpg

神素盞嗚尊 かむすさのうのみことが祀られています。

DSC01004.jpg

現在の建物は江戸幕府3代将軍徳川家光の命により
松江藩主京極忠高が1634年(寛永11年)に着手し
1644年に松平直政が完成させました。

DSC01009.jpg

壁や木の切り口は白色で、柱や横木が丹塗(にぬ)りされた社殿は
桃山時代の面影を残し、二つの本殿どちらも
拝殿と本殿が続く権現造りです。

DSC01019.jpg

上の宮(本殿・幣殿・拝殿・玉垣・宝庫・鳥居2基)と
下の宮(本殿・幣殿・拝殿・玉垣・禊所・廻廊・楼門・客人社2棟)からなり
これら社殿の全てと境内の石造建造物も含め
貴重な神社建築として全て国の重要文化財に指定されています。

DSC01036.jpg
DSC01041.jpg

港へすぐに行けます。

DSC01045.jpg

天照大神が現在の日御碕神社に祀られる前に
鎮座されていたという経島(ふみしま)。

DSC01048_201506062125260e1.jpg

途中の道路から神社を撮影。

DSC00015.jpg

28枚目ゲットだぜぇ!






出雲大社 門前町 神前通り

お参りのあとは門前町へ。

DSC00928.jpg

スタバがあります。島根には2店舗しかないみたい。

DSC00929.jpg

神社の前なんで地味にしてあっていいかんじ。
スタバ、流行ってました。

DSC00930.jpg

ご縁横町。

DSC00931.jpg
DSC00932.jpg

「出雲かみしお」。稲佐の浜より海水を汲み上げ。独自の製法で時間をかけて
精製し、盛り塩、御守塩、食用のお塩を販売しているお店です。

DSC00948.jpg

ぜんざい学会壱号店。

DSC00934.jpg

お店の中はさほど広くないのでけっこう並んでます。

DSC00935.jpg

大盛りぜんざい650円。

DSC00938.jpg

縁結びぜんざい600円。
御朱印あつめに興味のない家族はぜんざいが目的~みたいなね。
甘いもの好きの私も大満足でした。


IMG_1392.jpg

みことくんっていうらしいです。

1_20150606110354489.png



出雲大社の御朱印です。

去年の11月に鳥取、島根へ。

DSC00790.jpg

出雲大社へやってきました。
ガイドブックにはじっくりまわれば1時間半なんて
書いてあります。

DSC00791.jpg

御朱印目当てのバチあたりな私は御朱印もらって
写真撮って終わり~ 

DSC00793.jpg

平成の大遷宮ってことで95億円かけて大修理がされました。

DSC00797.jpg

大国主を祀った神社は多くないそうですが
全国に分社があり、その数は300にもなるんだとか。
仏教でいう大黒天と習合したことで全国区になったそうです。

DSC00798.jpg

ざっくりした地図です。

DSC00815.jpg

正式名称は「いづもおおやしろ」らしいですが
一般的に「いづもたいしゃ」と言ってますよね。
二拝四拍手一拝の作法で拝礼するんだとか。

DSC00823.jpg

参道はこんなかんじ。

DSC00833.jpg

ムスビの御神像

DSC00835.jpg

銅鳥居。

DSC00840.jpg

現在の拝殿(はいでん)は、昭和34年5月の竣功だそうです。

DSC00841.jpg

今の時点では本殿の改修はおわってるのですが
末社等はまだやってたりするみたいです。

DSC00843.jpg

主祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。

DSC00855.jpg

塀の向こうに本殿が。

DSC00007.jpg

27枚目御朱印ゲットだぜぇ!

御朱印代はお気持ちで
って言われましたが
じゃあ、気持ちだけで
なんてタダですませる度胸はありません。
200円しかもってなかったので
1000円でおつり700円もらおうとしたのですが
そんな言葉いわれたので
200円だしちゃいました。

あ~神様、貧乏なんで大目にみてね。



aaa.jpg



出雲大社にやってきました。

去年の11月に鳥取島根へ。
で、バチアタリ御朱印コレクターの私は
ここまできたらいかなきゃダメでしょってことで
やってきました。

DSC00840_20150602230851560.jpg

出雲大社、さすが神社のもとじめとでもいうんでしょうか
たくさんの人がお参りにきてました。

DSC00873.jpg

本殿。

DSC00880.jpg

建物に歴史をかんじさせるっていうのでしょうか。

DSC00877.jpg

出雲大社って昔は下の写真のようだったらしいです。

DSC00845.jpg
DSC00847.jpg

上の説明文を書くの漢字多くていやになっちゃたので拡大しました。

DSC00847zz.jpg
DSC00847dd.jpg
DSC00847vv.jpg
DSC00849.jpg

掘ってたら柱がみつかり、ほんとだったんだってことらしいです。
で、そんな高い建物を当時の未熟な技術で造ったので
現存してないらしいです。

今から見れば未熟なんでしょうが当時は最先端技術だとはおもいます。
で何回か倒壊したらしいです。
さすがに建てるのもうやめじゃ~ってなったんでしょうか。
今のような神殿になったみたいです。

DSC00906.jpg

出雲大社ですって写真載せるより
ピチピチの巫女さんの写真を撮りたい人なんです。私。
でも実際にそんなことできない小心者なんですよね。
なので遠くから。

赤と白の巫女さんの装束ってほんと清楚に見えるっていうんですか
うちの鬼のような奥さんが着ても
天使のようないい人にみえちゃうような気がします。

ご訪問ありがとうございました。


1_20150606110354489.png





プロフィール

探偵モンク

Author:探偵モンク
個人的な日々の出来事を気ままに
記録してます。
写真は娘が幼稚園時代に工作した
パパです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク