伊丹空港へ

いつの話や~ってかんじですが。
写真のほうの整理もやっと去年の5月頃に。

DSC07606.jpg

お嬢さんが中3の修学旅行に沖縄へ。
今年の中3は北海道だそうです。
私は沖縄には行ったことがないのでうらやましかったです。
今年から高校生になったのですが、高校は修学旅行あるのかな。

DSC07512.jpg

で、学校に集合ではなく空港に各自集合。で帰りも空港解散。

DSC07504.jpg

なので、たまたま両日とも休みだったので私の車で友達も乗せて
送迎してきました。

DSC07523.jpg

伊丹空港の展望デッキです。閑散としてました。

DSC07626.jpg

迎えに行くときに少し早めにでて空港内をぶらぶら。

DSC07624.jpg

551の蓬莱で晩ゴハンを。

DSC07601.jpgDSC07577.jpg
DSC07566.jpgDSC07542_20160427172904857.jpg
DSC07520.jpgDSC07519.jpg

伊丹空港に咲いていた花たち。



ご訪問ありがとうございました。 









沙羅の寺  應聖寺(おうしょうじ)

應聖寺(おうしょうじ)は、兵庫県神崎郡福崎町にある
天台宗の寺院です。
沙羅の花の咲く寺としても有名であるため
沙羅の寺ってよばれてるそうです。

DSC09798.jpgDSC09805.jpg

往昔からの古事・伝承に基づくと、当山は天竺の高僧法道仙人によって
白雉年間 (六五〇~六五四)に開基されたと伝えられる。
一方、『應聖寺縁起』(旧版『福 崎町史』『板坂村史』掲載)等によると
鎌倉時代中期、人皇第八十九代亀山帝の 御宇文永二年(一二六五)十一月
祐運大徳によって創建されたとある。また、御本尊の聖観世音菩薩は、
もとは平景清公の念持仏であり、当時世に聞こえ た霊像であったことから
それを聞き及びし南北朝期の播磨守護職赤松則祐公が、
当寺再興の為に都より遥々奉迎したものと伝えている。
その妙なる霊験殊に顕著な るゆえに、妙顕山とも妙見山ともいう
山号の由来となったという。
ってことです。

DSC09800.jpg

正平六年(一三五一)、赤松氏祈願所として再興された当時の様子を
『應聖寺縁起』 に尋ねると、「誠に台門の古刹として
往時は堂塔伽藍軒を列ね、寺観の美は法門 の儀標として
衆庶の膽仰する所なり云々」と伝えており、天台宗門の古刹として
堂塔伽藍の秀麗さにおいて、一際異彩を放っていたことが知られる。
また、江戸時代には、徳川将軍家三代(秀忠公・家光公・家綱公)の
回向と御位牌の 安置が許され、しかも姫路藩主が
姫路城主歴代尊霊の回向に参拝する特別な格式を有する寺院であった。
それ故であろうか姫路藩主酒井公ゆかりの茶道具類も残されている。

そうです。

DSC09857.jpg

更に、当寺は往昔より、神西郡の主格、高岡郷にあり
住職は末社十社をもつ一宮 神社の別当職を兼務していた。
およそ、三百年前に始まった一宮神社御宝前での大 般若転読会は
春秋二回、近隣寺院出仕のもと、今もなお続けられている
んだとか。

DSC09854.jpgDSC09808.jpg
DSC09830.jpg

関西花の寺第八番札所。 播州薬師霊場会第十三番札所。
ご本尊は聖観世音菩薩、薬師如来。

DSC09833.jpg
DSC09834.jpg

現在の伽藍は、明治元年落慶、大正十三年改築の本堂及び庫裡
昭和五十四年再建 の当寺奥之院である祈願堂
並びに平成十三年落成の開山堂及び茶室不動庵が整備されている。

そうです。

DSC09818.jpg

本堂と書院の裏手に連なる庭園は、江戸初期の石組をとどめ
池泉観賞式の名園として名高く、「名勝應聖寺庭園」として
県指定文化財に指定さ れている。六、七月の沙羅の開花期や
秋の紅葉時には、数多くの来訪者で賑わう
そうです。

DSC09863.jpg
DSC09862.jpg

頭と足は石製で、胴体はサツキの生け垣の涅槃仏です。
右脇腹を下にして横たわり、身長約8m、肩幅の一番広い所で
高さ1.5m あるんだとか。この涅槃仏像は、第34世住職祐廣和尚が
1994年(平成6年)に完成させたそうです。

DSC07669.jpgDSC07667.jpg

御朱印22、23枚目ゲットだぜ!    


住所は兵庫県神崎郡福崎町高岡1912。
JR播但線福崎駅からタクシー約8分








七種山 なぐささん 金剛城寺 こんごうじょうじ

60年に一度の秘仏薬師如来開帳ってことで
神積寺(じんしゃくじ)へ行ったのですが、そのあと
せっかく福崎町へきたんだからってことで金剛城寺へ。

DSC09792.jpg

金剛城寺(こんごうじょうじ)。高野山真言宗の仏教寺院。
山号は七種山(なぐささん)。本尊は十一面観世音菩薩。
住所は兵庫県神崎郡福崎町田口236。

DSC09745.jpgDSC09793.jpg

大阪のマンションやビルの風景ばかりみてるので
こういう田園風景は気持ちいいです。

DSC09750.jpgDSC09751.jpg

寺伝によれば、推古天皇5年(597年)聖徳太子の命を受けた
日本における三論宗の開祖である高麗僧恵灌により
七種山の中腹、七種の滝の近くに滋岡寺(しげおかじ)という
寺号で創建されたと伝わる。
七種山には修行僧の滋岡川人(しげおかせんにん)が住んでおり
干魃の時に七つの種を人々に与え飢餓から救い
この種は尽きることがなかったという。山の名はこの伝説に由来する。

そうです。

DSC09752.jpg

立派な山門です。昭和7年に建立されたそうです。
小さいお寺だろうなんて思っていたのでびっくり。
御朱印めあてのバチあたりもんの私は
寺の知識もなくとりあえず行って見るっていう人なんで。

DSC09757.jpg
DSC09775.jpg

本堂からみた山門。

DSC09759.jpgDSC09760.jpg

高麗僧恵灌が寺を建立しようと現地を視察した際
滋岡川人より十一面観音を刻んで安置するよう命じられたと伝わる。


DSC09764.jpgDSC09771.jpg

最初の寺号は、この滋岡川人より名付けられたと言われている。
その後寺号を金剛城寺、江戸時代初期の慶長6年(1601年)に
台肪明党上人により作門寺(さくもんじ)と改められた。
そうです。

DSC09777.jpgDSC09778.jpg

幕末の慶応年間から明治初期に現在地に移された。
昭和3年(1928年)に現在の寺号に戻した。
そうです。

播磨西国三十三箇所第12番
新西国三十三箇所第30番です。


DSC07663.jpg

適当なバスがないみたいなんで電車、タクシーとかに
なってしまうみたいです。なのでマイカーで行くのがいいかも。


DSC07666.jpg

21枚目の御朱印。


DSC09782_20150501165513244.jpg







妙徳山 神積寺 みょうとくさん じんしゃくじ 天台宗のお寺

神積寺(じんしゃくじ)へ。
60年に一度の秘仏薬師如来開帳ってことだったので。

住所は兵庫県神崎郡福崎町東田原1891です。

DSC09728.jpg

秘仏の公開は去年の11月の期間中だけですので
今行っても見れません。次は60年後です。
そのときは私もういませんけどね。

DSC09727.jpgDSC09725.jpg

山号、妙徳山。宗派、天台宗。
本尊は薬師如来で秘仏、重要文化財です。

DSC09669.jpgDSC09670.jpg

西国薬師四十九霊場24番、播州薬師霊場12番の札所です。

徳山神積寺は内供奉慶芳上人が開山した。
比叡山第18代座主慈恵大師に指示を仰ぎ、
諸国巡錫の砌、正暦2年(991)3月8日に田原の郷、
辻川有井堂にて、文殊菩薩のお告げとその守護を得
一条天皇(987~1011)の勅により当山を開き
薬師如来が本尊として祀られている。


DSC09675.jpgDSC09702.jpg

上人の弟子三条天皇の第7皇子覚照阿闍梨の時代には
三条天皇より、土佐讃岐の貢殻を賜り
七堂伽藍と五十二院を数える隆盛を見た。
また、近衛天皇(1142~1155)の宣示により
播磨六山の一つとかぞえられた。

当山は延慶2年(1309)に火災に遭い焼失し
現在の建物は天正15年(1588)有馬法師の寄進により
再建された。明治3年までご朱印地にして毎年
文殊会式には勅使の下向があった。
本尊薬師如来は、藤原時代の代表的尊容が認められ
明治34年8月4日付にて国の重要文化財に指定された。

そうです。

DSC09706.jpgDSC09709.jpg

鐘楼堂。
木造四本柱建切妻造瓦葺のお堂。
寛文3年(1663)に建立されたそうです。
鐘、ついてきました。

DSC09720.jpgDSC09717m.jpg

古いタイプの石灯籠で、竿は円柱で中ほどに節があり
笠・火袋・中台と基礎の平面は四角という形である。
この石灯籠の竿の部分には銘文が刻まれ、
それによって寄進された年代とその理由がわかる。
銘文は左右同じ「奉寄進薬師如来 御宝前為二親菩提也」
「天和三癸亥 三月十七日」「神東郡北山田村施主助左衛門」とある。
それによると、北山田村(現姫路市)の助左衛門が両親の菩提を
弔うために、天和3年(1683)に寄進したことがわかる。
この石灯籠の南には元は石段があった。
石段は35段で元禄2年(1689)に同じく北山田村の助左衛門が寄進した。
その後、文久2年(1862)に助左衛門の子孫の助五郎が先祖の
意思を継いで、本堂南東にある木を伐採し道をつけて参道をつくった。
現在は元の位置に石段が復元されている

そうです。福崎町指定文化財。

DSC09708.jpg1m

60年に一度ってことで
奧さんを誘って行って来ました。
奧さんはそういうのに興味がないので
なんか喰わせたるからっていうことでね。


DSC06975_20150418205226419.jpgDSC07010.jpg

ご開帳記念御朱印と普通の御朱印。
記念の御朱印は確か700円だったかな。


ご訪問ありがとうございました。





兵庫県神崎郡福崎町

去年の11月に兵庫県の福崎町へ。
毎度のことながらいつの話や~ってね。

DSC09708_201505012351555b5.jpg

神積寺で60年に一度の秘仏を公開してるってことで
奧さんとドライブがてら行って来ました。今はもうやってません。
去年の11月の話なんで...

DSC09728_20150501235156df0.jpg

まずは神積寺(じんしゃくじ)へ。秘仏を拝んできました。
寺のことはまた後日。

DSC09731.jpg
DSC09736.jpg

コンクリートに囲まれたところで生活してると
こういう田舎に癒されます。

DSC09745_20150501235200352.jpg

せっかくこんなところまできたんだからってことで
別のお寺に。金剛城寺(こんごうじょうじ)。

DSC09782_201505012353150cf.jpg
DSC09784.jpg
DSC09788.jpg

ここのお寺も風情がありました。お寺の話はまた後日。

DSC09851.jpg
DSC09872.jpg

時間があったのでもうひとつお寺に。
應聖寺(おうしょうじ)。御朱印を集めてる方はこの3つの寺を
セットに回れば効率よくゲットできますよ。

DSC09898.jpgDSC09900.jpg

帰りにイオンモール加西北条へ。
私の住んでるところのイオンより大きいんじゃないのって
かんじでした。
うちの奧さんはお寺よりはこっちでしょってことで
ぶらぶら。私は食料品売場で値引き商品がないか
チェックしたりして時間つぶしました。

御朱印が効率よくゲットできたので
満足な一日でした。


ご訪問ありがとうございました。


無題dddd


プロフィール

探偵モンク

Author:探偵モンク
個人的な日々の出来事を気ままに
記録してます。
写真は娘が幼稚園時代に工作した
パパです。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク